お知らせ

2012.08.31更新

豊橋市開発審査会基準(市街化調整区域に建築物を建築する際の基準)が一部改正されます。
改正の概要は次のとおりです。
なお、詳細についてはお問合せください。

●開発審査会基準第1号(分家) 施行:H25.5.18~
(現行基準)
 申請地に3戸以上の住宅が連たん(50m以内でつながること)が必要
(改正基準)
 申請地に3戸以上の住宅が連たんし、かつ、申請地を中心とし半径150mの円内に18戸以上の建築物(住宅でなくともよい)が必要
 ※市街化区域の住宅、建築物もカウントできます。

●開発審査会基準第16号(線引き前宅地) 施行:H24.10.1~
(現行基準)
 一画地の最低敷地面積は300㎡(2割まで200㎡可)
 ただし、200戸連たんがとれれば200㎡以上(2割まで160㎡可)
(改正基準)
 一画地の最低敷地面積は200㎡(2割まで160㎡可)
 ※200戸連たんが不要になりました。

●開発審査会基準第18号(業務用建築物のやむを得ない用途変更) 施行:H24.10.1~
(現行基準)
対象建築物
 ・都市計画法の許可を受けて建築された建築物
 ・同法の制限対象外として建築された建築物
用途変更
 ・店舗併用住宅の専用住宅への用途変更は、特段の理由がある場合に限る。
敷地分割
 ・敷地の分割不可
大規模集落該当の場合の宅地分譲開発
 ・宅地分譲開発可
(改正基準)
対象建築物
 ・都市計画法の許可を受けて建築された建築物
 ・同法の制限対象外として建築された建築物
 ・市街化調整区域決定前に建築された建築物
 ・改正前の既存宅確認を受けて建築された建築物
用途変更
 ・店舗併用住宅の専用住宅への用途変更は、監督処分を受けることなく建築後25年以上経過したもので、当初許可を得た者またはその相続人ならば特段の理由を問わずできる。
敷地分割
 ・一画地の最低敷地面積1,000㎡で3区画以下であれば分割可
大規模集落該当の場合の宅地分譲開発
 ・宅地分譲開発不可
 ※宅地分譲開発については経過措置があります。

●法第34条第1号審査基準
(現行基準)
公益上必要な自己の業務用建築物の申請地が面する道路幅員
 ・敷地面積1,000㎡未満は有効幅員5m以上
 ・敷地面積1,000㎡以上は有効幅員6m以上
日常生活に必要な自己の業務用店舗等の申請地の規模
 ・500㎡以下
(改正基準)
公益上必要な自己の業務用建築物の申請地が面する道路幅員
 ・敷地面積1,000㎡未満は有効幅員4m以上
 ・敷地面積1,000㎡以上は有効幅員5m以上
日常生活に必要な自己の業務用店舗等の申請地の規模
 ・1,000㎡以下

今回の一部改正により、従来建築、開発ができた土地が建築、開発不可となるケースがでてきます。
特に分家を計画中の方は、改正基準が施行されると建築不可となる土地が多いと思いますので、注意が必要です。

2012.07.14更新

本日、豊田市にてA.C.B(あいち調査士勉強会)の第4回研修会が開催されました。

今回の研修会は、宮城県土地家屋調査士会会長の鈴木修先生を講師にお招きし、
・東日本大震災について当時の状況と現状
・土地家屋調査の夢について
・報酬について
・生き方について
などなどのお話をいただきました。

そのなかで「成功」の反対語とは何かと問いかけがありました。
答えは「何もしないこと」。
「失敗」ではありません。

私も長いのか短いのかわかりませんが、今まで人生を生きてきた中で失敗したと思ったこともたくさんあります。その失敗をくよくよと何日も引きずったこともあります。
しかし、その失敗が本当に失敗だったのかと今考えると、あの失敗があるから今の自分があるし、あの失敗をしたおかげであの成功があると思うことがあります。
失敗は誰だって嫌です。できるなら失敗を避けて通りたいと思うことでしょう。
しかし、失敗を避けるがあまり安易な道、妥協する道、逃げる道を進んではいけないと思います。何でも挑戦すればよいと思います。失敗してもいいんです。だってそれは成功への道なのだから。
今ではそう思います。

2012.07.02更新

土地の境界は、測量をして立会いを依頼した方だけでなく、隣地として立会いを行った方お互いの財産です。境界確認がされることで将来にわたり境界紛争の防止に役立ちますので隣接地の方から境界立会いを求められたらご協力をお願いします。

境界立会では、土地家屋調査士が法務局等の各種資料及び現地測量結果をもとに仮の境界を算出し、それを現地にて隣地の方と御確認いただき境界としてご承諾いただければ立会確認書の取り交わしをいたします。
立会後、ご承諾いただいた位置に境界標(コンクリート杭やプラスチック杭、金属プレート等)を設置いたします。

立会いに際しては、土地家屋調査士から提示する仮の境界点をどのようにして計算したか、資料と現地との整合性はどうか、登記面積と実際の面積の差異はどうであるかなどの説明があります。境界として承諾をし立会確認書を取り交すと境界標を設置することになるため、ご不明点があれば立会いの時に土地家屋調査士に遠慮なくご質問ください。

なお、一般的に境界立会いにおいて隣地の全ての方の承諾がなければ、土地の売却、分筆、地積更正の登記はすることができません。

また、地域によっても取扱いは異なりますが、立会いでは一般的に本人確認が必要になりますので、立会いには立会確認書に押印する認印(地域によっては実印)と本人確認ができる運転免許証、健康保険証等をお持ちください。

当事務所では、立会依頼時に下記パンフレットをお渡ししております。

境界立会のお願いパンフレット

2012.06.28更新

午前中に豊橋市で工事を行う位置指定道路の工事用仮杭設置を行いました。
新しく作る道路の位置は、座標(X、Y)で管理しているため、現地の測量基準点から位置を特定することはできますが、工事業者の方が間違いなく工事を進めることができるように現地に工事着手前に工事用の仮杭を設置します。
幅員4.5mの道路を新設し、6区画の宅地分譲です。無事に工事が終了することを願います。

2012.06.27更新

あいち調査士勉強会(A.C.B)のグループ勉強会を行いました。
私は勉強会のグループリーダをやらせていただいています。勉強会は立会いに関することをテーマとして行っています。

本日は、勉強会に参加されている各事務所の立会依頼方法や立会依頼書について紹介をしてもらい、よりよい立会依頼方法というものを議論しました。立会依頼書ひとつをとっても皆さん記述の仕方が多少異なるところがありました。

次回の勉強会ではよいところを単純に抽出し、それを組み合わせた「よりよい立会依頼書」を作り上げる予定です。隣地の方に立会とはどのようなものか、どのような意義があるのかということまでわかるような立会依頼書にし、立会いに対する疑問や不安がなくなるようなものにしたいと思います。

2012.06.26更新

私は現在、携帯電話は「iPhone」、タブレットは「iPad」を使用しています。

はじめはiPhoneのみで電話からスケジュール管理から全て行っていました。
しかし、電話中にスケジュールを確認するときに、いちいちスピーカーにして話しながらiPhoneでスケジュールを見るというのがつらくなってきました。
そこで、iPadを購入し、主のスケジュール管理と書類の閲覧をiPadで行っています。ちなみにスケジュール管理は「Pocket Informant」を使用しています。日本語版がないのがネックですが、グーグルのスケジュールと連動させてiPhoneでも見れるし、タスク管理もできる優れものです。

iPadはすごい端末だと思いますが、できればWordやExcelなど日々の仕事で使うソフトも使えたらいいのにな~というのが私の要望でした。それならノートパソコンも最近は薄く小さくなってきたからと思ったのですが、iPadの便利さに慣れた今ノートパソコンをiPadの代わりに使うことはできないし・・・。

などと考えていたら、Microsoftがタブレット端末の「Surface」を発売するということ。
詳細はわかりませんが、iPadにはないものとして
・当然OSはWindows8になるであろうため、Word、Excelが使えパソコンとの連携がよい。
・カバーが本体に付いていてしかもキーボードになる。
・スタンドが本体に付いている(デザインも苦労したこだわりらしい)。

端的にいうとiPadは個人やエンターテインメント向け、Surfaceは企業やビジネス向けという感じでしょうか?
「iPad」vs「Surface」いいかえれば「Apple」vs「Microsoft」の決戦はどうなるのか?見物です。

2012.06.21更新

行政書士会東三支部の幹事会(役員会)に参加してきました。
私は、企画部に所属しています。企画部では、研修の企画、各市町との打合せ、支部の情報発信(HP)などを行っています。
研修会等によって行政書士の資質を向上させることが、よりよいサービスの向上・お客様満足度の向上につながりますので、積極的に支部活動に参加していこと思います。

行政書士会東三支部のホームページ
http://www15.ocn.ne.jp/~gyousei3/index.htm

2012.06.20更新

台風一過の立会です。
台風一過というと「晴れ」というイメージがありますが、梅雨時のためか、次の台風が迫っているせいか曇りでした。
天気はいまいちでしたが、境界立会いはスムーズに終了しました。
建物を取り壊して売却する土地であり、これから建物を取り壊しに入るため、境界標の設置は建物取壊し後ということになりました。建物取り壊しで重機が入るため、境界標が移動しては困るからです。

2012.06.19更新

豊橋市に提出していた道路位置指定申請の築造通知書(工事を開始してもよいという書面)がおりました。
道路位置指定とは、市街化区域で1,000㎡未満の土地でできるいわゆるミニ宅地分譲です。
6区画の宅地を計画しました。今週中に関係工事業者様と打ち合わせて工事が開始します。完成が楽しみです。

2012.06.15更新

行政書士会東三支部・土地家屋調査士会東三支部が合同で主催の「都市計画法研修会」が愛知県東三河建設事務所建築課の方を講師に行われました。
私は、行政書士会の企画部担当として準備に当たらせていただきました。研修の内容は特に真新しいことはありませんでしたが、行政側と代理者が一緒になって研修をすることでスムーズな申請ができると思いますので、今後もこのような研修に積極的に参加して行こうと思います。
前へ 前へ

TEL:0532-55-1230 お問い合わせ