お知らせ

2012.11.12更新

新城市長篠にて確定測量をさせていただいた案件で、境界立会いを行いました。

先週、豊橋市梅薮で境界立会いを行ったときは、風が強くとても冷えたため、ヒートテックのシャツにフリースを着込んでいったのですが、11月にしてはぽかぽか陽気で暖かく、立会日和な陽気でした。

測量依頼地、隣地がお互いに地図に準ずる図面(公図)と異なる形で利用されており、結果として越境していたため、少し心配して境界立会いに望んだのですが、隣地関係が非常によい土地柄で、「建替えしたりするときに今日決まった境界のとおりに直せばいいね~」という感じで立会いは無事に終了しました。

越境している場合は、
・越境物を取壊す。
・現地の利用状況のとおりに分筆し、所有権移転をする。
・お互いに境界を認識するが、利用状況は現状のとおりで将来的には認識した境界にあうように構造物を作り直す。
というような方法で対応するようになります。

TEL:0532-55-1230 お問い合わせ