お知らせ

2012.10.18更新

久しぶりに豊橋の異業種の仲間たちとの勉強会を開催しました。

今回は、弁護士の先生に使用貸借と賃貸借について講義してもらいました。
使用貸借と賃貸借については、数年前に民法と照らし合わせながら勉強したことがありますが、知識なんて継続して維持しなければすぐにどこかに行ってしまいますね。改めて勉強してみると忘れていることばかりでした。

しかし、今回の勉強会では、法律の条文知識を再確認したことよりも、「ある事象について問題が発生したときにどの条文を適用するかでその事象のとらえかたが全く異なる」ということを弁護士の先生に教えていただいたことが大きな収穫です。

あるルールから事象をとらえるのではなく、事象からどのルールを適用すべきかと考えることでその事象を柔軟に考えることができます。また、そう考えることでルールありきではなく、ルールの存在意義といった根本的かつ重要なことに触れることができると思います。

ルールが多い世の中、ルールにしばられることなく物事の本質を見ていきたいと思います。

TEL:0532-55-1230 お問い合わせ