お知らせ

2012.06.26更新

私は現在、携帯電話は「iPhone」、タブレットは「iPad」を使用しています。

はじめはiPhoneのみで電話からスケジュール管理から全て行っていました。
しかし、電話中にスケジュールを確認するときに、いちいちスピーカーにして話しながらiPhoneでスケジュールを見るというのがつらくなってきました。
そこで、iPadを購入し、主のスケジュール管理と書類の閲覧をiPadで行っています。ちなみにスケジュール管理は「Pocket Informant」を使用しています。日本語版がないのがネックですが、グーグルのスケジュールと連動させてiPhoneでも見れるし、タスク管理もできる優れものです。

iPadはすごい端末だと思いますが、できればWordやExcelなど日々の仕事で使うソフトも使えたらいいのにな~というのが私の要望でした。それならノートパソコンも最近は薄く小さくなってきたからと思ったのですが、iPadの便利さに慣れた今ノートパソコンをiPadの代わりに使うことはできないし・・・。

などと考えていたら、Microsoftがタブレット端末の「Surface」を発売するということ。
詳細はわかりませんが、iPadにはないものとして
・当然OSはWindows8になるであろうため、Word、Excelが使えパソコンとの連携がよい。
・カバーが本体に付いていてしかもキーボードになる。
・スタンドが本体に付いている(デザインも苦労したこだわりらしい)。

端的にいうとiPadは個人やエンターテインメント向け、Surfaceは企業やビジネス向けという感じでしょうか?
「iPad」vs「Surface」いいかえれば「Apple」vs「Microsoft」の決戦はどうなるのか?見物です。

TEL:0532-55-1230 お問い合わせ