遺産分割・相続登記

相続・遺産分割

人が亡くなって、その財産(相続財産)が配偶者や子ども等に引き継がれることを相続といいます。亡くなった方を被相続人、財産を引き継がれる方を相続人といいます。

相続が開始すると、相続人及び相続財産の特定、相続人が複数いる場合は相続人間における相続財産の分割(遺産分割)を行う必要があります。

相続人が複数いる場合の相続財産分割方法としては、被相続人が残した遺言書によって遺産分割方法の指定があればそれに従い、なければ、相続人全員での遺産分割協議を行って、誰がどの財産を相続するのかを決める必要があります。遺産分割協議によって作成する遺産分割協議書には、相続人全員が署名押印(実印)し、印鑑証明書を添付します。

相続人と相続の順位

人が亡くなったとき、誰が相続人となるのかは民法で決められています。
配偶者は常に相続人となり、血族者は次の順位で相続人となります。

第1順位:被相続人の子(実子と養子、嫡出子と非嫡出子の間に順位の差はありません)
第2順位:被相続人の直系尊属(親、親がいなければ祖父母など上にさかのぼります)
第3順位:被相続人の兄弟姉妹

相続登記

遺産分割が無事完了したら、不動産については、一般的には相続登記を行います。相続登記は、被相続人が亡くなってからいつまでにしないといけないという期限はありません。ただし、相続登記をしないで放置しておくと、不都合が生じる可能性があるため、早めの相続登記をお勧めいたします。

相続登記をしないで放置している場合のデメリット

  • 不動産を相続した相続人の権利が保全されません(公的な権利主張ができません)。

  • 不動産を売却したり、担保に入れてお金を借りたりといった相続不動産の活用ができません。

  • 相続登記をしないで放っておけばおくほど代が変わり相続人が増えていってしまうため、いざ登記が必要になった場合に多大な時間と費用がかかります。所在不明や協力してくれない相続人がでてくる等場合によっては相続登記ができなくなる可能性もあります。

当事務所へご依頼いただくメリット

  • 遺言のご相談、遺産分割協議書の作成、相続登記まで相続税に関すること以外の事案に対応可能です。

  • 合同事務所なので、土地家屋調査士業務である「相続に伴う土地の分割」や「未登記建物がある場合の表題登記」もワンストップで対応可能です。

  • 相続不動産の有効活用(土地の一部売却や宅地分譲等)をお考えの際のご相談も対応いたします。

  • 相続税等の各種税金でお悩みの場合は提携の税理士をご紹介いたします。

  • 相談料は無料なので、相続でお悩みの場合は、お気軽にご相談ください。

相続登記の流れ

1. 事前打合せ

ご依頼内容の確認をさせていただきます。
相続財産の一覧(固定資産の名寄せ)や戸籍等の相続人を特定できる書類があると打合せがスムーズに行えます。

矢印

2. 相続人の特定、相続財産の特定

戸籍や住民票等を収集し、相続人の特定を行います。
また、名寄せや登記簿等で相続財産の特定を行います。

矢印

3. 相続分の決定

遺言による相続分の指定、遺産分割協議等により相続分の確認を行います。

矢印

4. 登記申請書の作成

ご依頼の内容に基づいた登記申請書を作成いたします。

矢印

5. 委任状等の必要書類受領

委任状等、登記に必要な書類を受領いたします。

矢印

6. 登記申請手続き

必要書類がそろい次第、登記を申請します。

矢印

7. 納品・請求

登記の完了証、登記識別情報等の成果品を納品いたします。

矢印

TEL:0532-55-1230 お問い合わせ