不動産登記

不動産登記とは

不動産登記とは、不動産(土地、建物)の物理的状況(所在、地番、面積等)を明確にするとともに、その不動産についての権利関係(所有権、抵当権等)を登記簿に記載し、これを一般公開して誰にでもわかるようにすることにより、取引の安全と円滑をはかる制度です。

一般的に、不動産の物理的状況に関する登記を「表示登記」といい、権利関係に関する登記を「権利登記」といいます。
表示登記は「土地家屋調査士」が、権利登記は「司法書士」が代理人として登記申請をすることができます。

不動産の表示登記の種類(主なもの)

  • 土地分筆登記
    登記簿上1筆の土地を複数の土地に分けたい場合

  • 土地合筆登記
    登記簿上複数の土地を1筆の土地にしたい場合

  • 土地地積更正登記
    登記簿の面積を実際の正しい面積にしたい場合

  • 土地地目変更登記
    土地の利用目的が変わった場合

  • 建物表題登記
    建物を新築した場合

  • 建物表題変更登記
    建物を増改築した場合

  • 建物滅失登記
    建物を取り壊した場合

不動産の権利登記の種類(主なもの)

  • 所有権移転登記(売買・贈与)
    売買や贈与により所有権者が変わった場合

  • 所有権移転登記(相続)
    相続が発生して所有者が変わった場合

  • 所有権保存登記
    建物を新築して新しく所有者として登記する場合

  • 抵当権の設定登記、抹消登記
    金融機関から融資を受けた場合、返済した場合

  • 地上権・地役権の設定登記
    土地を利用するための権利を設定した場合

当事務所へご依頼いただくメリット

  • 当事務所は土地家屋調査士と司法書士の合同事務所なので、「ワンストップ」で登記を一括対応いたします。

  • 相談窓口が一本化されるため、お客様の手間を省きます。

  • 当事務所内で登記をスムーズに一括対応するため、時間短縮が可能です。

  • 合同事務所ならではの調査資料、データの共有化により、費用削減が可能です。

  • 土地の一部売買の場合も、確定測量から分筆登記、所有権移転登記、抵当権設定登記まで全て対応いたします。

不動産登記の流れ

  1. 事前打合せ
    ご依頼内容の確認をさせていただきます。
    必要な書類等があれば借用またはご準備いただきます。

  2. 資料調査
    法務局その他官公署等にて資料調査を行います。

  3. 現地調査・測量等(表示登記の場合)
    調査した資料に基づき現地調査を行います。
    分筆登記の場合は、測量を行い、分筆境界標を設置します。

  4. 登記申請書の作成
    ご依頼の内容に基づいた登記申請書を作成いたします。

  5. 委任状等の必要書類受領
    委任状等、登記に必要な書類を受領いたします。

  6. 登記申請手続き
    必要書類がそろい次第、登記を申請します。

  7. 納品・請求
    登記の完了証、登記識別情報等の成果品を納品いたします。

1. 事前打合せ

ご依頼内容の確認をさせていただきます。
必要な書類等があれば借用またはご準備いただきます。

矢印

2. 資料調査

法務局その他官公署等にて資料調査を行います。

矢印

3. 現地調査・測量等(表示登記の場合)

調査した資料に基づき現地調査を行います。
分筆登記の場合は、測量を行い、分筆境界標を設置します。

矢印

4. 登記申請書の作成

ご依頼の内容に基づいた登記申請書を作成いたします。

矢印

5. 委任状等の必要書類受領

委任状等、登記に必要な書類を受領いたします。

矢印

6. 登記申請手続き

必要書類がそろい次第、登記を申請します。

矢印

7. 納品・請求

登記の完了証、登記識別情報等の成果品を納品いたします。

TEL:0532-55-1230 お問い合わせ