お知らせ

2012.02.17更新

本日、社会保障・税に関する一体改革大綱が閣議決定しました。

とりあえず暮らしに直結する問題として、消費税について
「消費税率は2014年4月1日より8%へ、2015年10月1日より10%へ段階的に引上げを行う。税率構造については単一税率を維持する。」ということです。
なお、「住宅の取得については、取引価額が高額であること等から、消費税率の引上げ前後における駆け込み需要とその反動等による影響が大きいことを踏まえ、一時の税負担の増加による影響を平準化及び緩和する観点から、住宅取得に係る必要な措置について財源も含め総合的に検討する。」いうことです。

TEL:0532-55-1230 お問い合わせ